今月限定!ベベリー会員特別クーポン!

¥500OFF

Beberyのお買い物で使える
オトクなクーポンをもれなく全員にプレゼント!

クーポンコード:MONT201910

ご使用方法

お買い物の際にクーポンコードをご入力ください。

※クーポンのご利用には無料会員登録が必要となります。

※ログインした状態でカートをご確認ください。

無料会員登録はこちら》

注意事項

本クーポンは全商品対象です。

10,800円(税込)以上のお買い上げ時にご利用いただけます。

おひとりさま1回限り有効となります。

身内への出産祝いは必要?気になるマナーや相場を徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身内への出産祝いは必要?気になるマナーや相場を徹底分析

幼いころから一緒に育った兄弟やお世話になった親戚、小さい時から見てきた甥っ子や姪っ子などに赤ちゃんが生まれた時の出産祝いは悩まれる方も多いのではないでしょうか。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、兄弟姉妹であっても出産祝いを贈るのは一般的なマナーと言われています。
身内だからこそマナーや金額の相場をしっかり確認して素敵なギフトを贈りましょう。

気を付けるべきポイント

ギフトを贈る場合はマナーを守ることが大切です。
日本では「4」や「9」の数字が関連する物は「死」や「苦」をイメージさせる不吉な数字と言われているので、現金や品物を贈る場合は金額やセットの数などに気を付けましょう。
また、別れを連想させる「ハンカチ」や縁を切るという意味を持つ「刃物など」は避けるのが一般的です。

■2人目の出産祝い

2人目以降の出産祝いは1人目の時と同額にするのがマナー。
こちらは兄弟・姉妹に限らず、出産祝いを贈る際の基本的なマナーです。
いくら身内とはいえ1人目や2人目、3人目で金額の差をつけてしまうと失礼に当たります。
また、2人目が産まれた際に1人目の子にもちょっとした物をあげると喜ばれます。

■赤ちゃんが双子の場合

産まれてくる赤ちゃんが双子の場合もあります。
その際は2人分の出産祝いを贈るのがマナーと言われています。
1人ひとりに対してのお祝いを贈ってあげましょう。

身内へは「現金」「品物」どっちにすべき?

身内に贈る出産祝いは、「現金」か「品物」かで迷われる方も多いのではないでしょうか。それぞれにメリットがあるので相手に一番喜ばれるギフトを贈りましょう。

■現金

現金を贈るケースは基本的に身内の場合が多いです。
パパやママが赤ちゃんの成長に合わせて本当に必要な物を買うことが出来るのが最大のメリット。また、赤ちゃんの将来の為に貯金にまわすこともできます。

■品物

品物の場合は、本人に直接必要なものを聞いてから贈るのも良いでしょう。友人が贈らないようなベビーベットやベビーカーなど大きな物を贈るのもポイントです。
高額な品を贈る際や品質にこだわりたいアイテムがある場合はパパやママに相談して一緒に選びにいくのもおすすめです。

■現金と品物

最近では「現金」と「品物」を両方贈る方も増えています。
現金だけでは味気ないのでプラスで品物を準備されるとさらに喜ばれるのではないでしょうか。品物を一緒に贈る際は高額ではなく、すぐ使えるような実用的な物がおすすめです。

身内の関係性による相場金額

■兄弟・姉妹の場合

相場=30,000~50,000円程度
兄弟・姉妹の関係性によって金額も変動しますが、基本的にはこれくらいの金額が一般的と言われています。
また、贈る側の年齢によっても変わりますが無理をせずに気持ちとして贈りましょう。

■甥・姪の場合

相場=10,000~50,000円程度
伯父、伯母の立場として贈るので、これくらいが一般的な相場となっています。
あまり接点がなければもう少し低めの金額で渡される方もいらっしゃいますが、よく会ったり行き来したりしているのであれば一般的な金額が良いのではないでしょうか。

■いとこの場合

相場=5,000~20,000円程度
金額に開きがありますが、これは普段の付き合い方の違いによるものです。頻繁に会ったり連絡を取ったりしている場合とそうでない場合とで金額が異なります。もし、自分が先にお祝いをいただいているのであれば、同じぐらいの金額にするのが無難でしょう。
ほとんど付き合いがない間柄の場合は、かえって相手の気持ちの負担になることもあるので、贈らない場合もあります。

いつ渡すのがベスト?贈るタイミングと時期

出産祝いを贈るタイミングは早すぎず、遅すぎない生後2週間から3週間の間に贈るのがベスト。産後すぐだと、ママも赤ちゃんも新しい生活に慣れてないのでバタバタしている可能性があります。
遠方に住んでいてなかなか会う事の出来ない場合や会いに行く時間がとれない場合などは郵送するのも良いでしょう。

まとめ

身内に赤ちゃんが生まれると、家族が増えるので嬉しいですよね。そんな気持ちをお祝いとして贈りましょう。
贈るギフトもさまざまあって悩みますがパパやママへの気遣いを忘れずに身内だからこそマナーを守ってこだわりの物を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Created by Bebery